コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノインウラ遺跡 ノインウラいせきNoin-Ula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノインウラ遺跡
ノインウラいせき
Noin-Ula

モンゴルの北部,セレンゲ川の支流ハラ川流域にある匈奴の古墳群。 1925~27年ソ連の P.コズロフらによって,212の古墳のうちから王侯の墓と思われる大型の壟 (ろう) 墓 12基が発掘された。それらは南北に主軸をもつ,1辺が 16~24.5m,高さ 0.5~1.95mの方形墳で,深さ 9mほどの壙底に墓室が営まれている。墓室はから松の木槨で,中に漆塗りの木棺が置かれ,槨室内は毛織物や絹布で装飾されている。また建平5 (前2) 年の銘をもつ漆耳杯をはじめとする漆製品,青銅製品,玉製品,絹布類,馬具類や,南シベリア,アルタイ地方のものと酷似する動物文様,樹木文様のある毛氈や銀製品などの副葬品が発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノインウラ遺跡の関連キーワード木槨墓

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android