コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛氈 もうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛氈
もうせん

カーペット用毛織物の一種。羊毛その他の獣毛を原料とし,湿気と熱,圧力摩擦を加えて繊維をからませて作る。本来は遊牧民の間で作られていたもの。今日ではカーペット用には羊毛と化学繊維を混紡したものが普及している。かつては中央アジアや中国産のものが有名であった。正倉院に現存する毛は古代毛氈の代表的なもので,色染めをしていない白氈,色氈,色模様のある花氈などがある。原産地は中国とされるが確かではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もう‐せん【毛×氈】

獣毛に湿気・熱・圧力・摩擦を加え、繊維を密着させて織物のようにしたもの。幅広物で、敷物に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

毛氈【もうせん】

獣毛を原料としたフェルト。敷物用とされる。中国伝来とみられ,赤色に染めた緋(ひ)毛氈が多い。花氈(かせん)は獣毛の代りに木綿糸を用いて花文を表したもの。
→関連項目絨毯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

もうせん【毛氈】

獣毛をフェルト状に加工して織物のようにした布。主に敷物に用いる。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛氈
もうせん

厚地のフェルトで敷物などに用いるもの。古くは氈(「かも」または「おりかも」)と称した。正倉院には奈良時代に唐から輸入された模様入りの花氈(かせん)が伝えられている。日本では材料の関係からつくられたことはない。後世中国から輸入されたものは多く赤色で、山西、浙江(せっこう)、雲南(うんなん)などでつくられたものが多い。捺染(なっせん)や絞りで花模様をつけたものもあり、俗に花(はな)毛氈とか蒙古(もうこ)氈などという。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

毛氈の関連キーワードモウセンゴケ(毛氈苔)V. プラトリーニワイゼルベルク岩もうせん(毛氈)フェルト状組織毛氈をかぶる引き馬・引馬プラトリーニ満谷 国四郎毛氈を被る氈(かも)毛氈状組織満谷国四郎テランセラ微晶質組織ギャンツェ花氈・華氈大かぶり投扇興ギリア

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毛氈の関連情報