絹布(読み)けんぷ

精選版 日本国語大辞典「絹布」の解説

けん‐ぷ【絹布】

〘名〙 絹糸で織った織物。絹織物物。きぬ。
※十訓抄(1252)一〇「おほくの金鷲の羽絹布やうやうの財物」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)一「唐国和朝の絹布(ケンプ)をたたみこみ、品々の時代絹」

きぬ‐ぬの【絹布】

〘名〙
① 絹と綿
※書紀(720)継体一〇年五月(寛文版訓)「群臣各、衣裳(きもの)・斧鉄(をのかね)・帛布(キヌヌノ)を出して国物(くにつもの)に助(ゐ)加へて」
② 絹織物。絹の織地。けんぷ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android