コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノトサウルス Nothosaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノトサウルス
Nothosaurus

三畳紀前期から後期にかけての,ヨーロッパ,アジア,アフリカなどの海にいた爬虫類鰭竜 (きりゅう) 目の絶滅属。肩や腰の腹側の骨のつくりががんじょうで首と尾が長い。四肢も長いが,鰭脚に変形している。四肢や足が強いので,アシカアザラシのように,上陸して動き回ることができた。指に水かきの保存されている化石も発見されていて,泳ぎは上手であったと思われる。頭骨は比較的小さく平たい。多数の鋭い歯をもっている。魚を見つけると,ワニのように泳いでいって捕食した。ノトサウルスとその仲間は陸生爬虫類から進化したと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android