コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノバ・リズボア ノバリズボア

2件 の用語解説(ノバ・リズボアの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ノバ・リズボア

フアンボ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノバ・リズボア
のばりずぼあ
Nova Lisboa

アフリカ中西部、アンゴラ中部の都市。旧称ウアンボHuambo。ビエ高原の標高1718メートルに位置する。人口6万1885(1970センサス)、16万8300(2002推計)。1900年ごろ、ポルトガル軍の基地が築かれ、08年にベンゲラ鉄道が開通して大西洋岸と結ばれてから発展した。アンゴラ中央高原の交通、経済、文化の中心都市で、白人が多い。[端 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone