コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信行 しんぎょうXin-xing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信行
しんぎょう
Xin-xing

[生]? 魏郡
[没]開皇14(594)
中国,隋の僧。三階教の祖で,三階禅師といわれる。広く経論を読み,持戒清浄で多くの道俗から帰依された。時は末法,処は穢土 (えど) ,人は凡夫の世であるから「一仏一法」の仏教では救えないというので,すべての法,すべての仏を信じる普法の仏教を主張し,三階教を広めたが,のちに官憲によって弾圧された。著書に『三階仏法』『対根起行法』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

信行【しんぎょう】

中国,代の三階教(さんかいきょう)の開祖山東(さんとう)省の人。末法観をうちたて,いかなる機根の者でも救済できるという,第三階の普法を説いた。また僧の資格としての具足戒も破棄した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信行 しんぎょう

?-? 奈良時代の僧。
法相(ほっそう)宗。宝亀(ほうき)(770-780)ごろの大和(奈良県)元興(がんごう)寺の学僧。「大般若経音義」「涅槃経音義」など音義に関する著作をのこした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんぎょう【信行 Xìn Xíng】

540‐594
中国,北斉から隋にかけて活躍した傑僧で,三階教の開祖。出家ののち,はじめは北斉の都,鄴(ぎよう)(現,河北省臨漳県)で禅を修めたが,戒律生活の独善さに疑問をもち,末法思想の強い影響を受けて,583年(開皇3),末法時代の鈍根衆生の救済法として無尽蔵行を提唱した。これによって隋の宰相高熲(こうけい)の帰依を受け,文帝に招かれて長安の真寂寺に入ってから,《対根起行法》《三階教法》など35部44巻を著し三階教の教義を完成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんぎょう【信行】

540~594) 中国隋代の僧。三階教さんがいきようの開祖。三階禅師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信行
しんぎょう
(540―594)

中国隋(ずい)代の僧。三階教(さんがいきょう)の開祖。敬称は三階禅師。魏州(ぎしゅう)(河北省)の出身。名門の王氏の家に生まれ、幼いころから繊細で慈悲深く、4歳のとき、泥にはまった牛車を引こうとして苦しんでいる牛のようすを見て泣きやまなかったという。若くして出家し、『華厳経(けごんきょう)』など諸経論を広く学び、時代にあった教えを追求してついに三階教を開創した。のち、相州(河南省)法蔵寺において具足戒(ぐそくかい)を捨て、衣一枚をまとい、1日一度の食事をとり、労働に従事し、恵まれない者への供養(くよう)を行い、僧侶(そうりょ)と在俗者を区別なく礼拝(らいはい)した。589年(開皇9)勅命によって長安の都に入り、僕射(ぼくや)(宰相(さいしょう))の高穎(こうえい)に招かれて真寂寺(しんじゃくじ)に住して三階教を広め、5年後、同寺に没した。この間、長安には化度(けど)寺、光明(こうみょう)寺、慈門(じもん)寺、慧日(えにち)寺、弘善(こうぜん)寺の5寺が置かれるなど、三階教教団は急速に勢力を拡大した。しかし、600年に文帝(楊堅(ようけん))によってその流行が禁止されて以後しばしば弾圧され、宋(そう)代の初めまでにほぼ滅亡した。著書(講義録)に『対根起行法(たいこんきぎょうぼう)』32巻(あるいは36巻とも)、『三階仏法』4巻など多数がある。[木村清孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の信行の言及

【三階教】より

…中国,北斉から隋にかけて活躍した僧信行(しんぎよう)が開いた新興仏教の一派。三階宗,三階法あるいは普法宗(ふほうしゆう)ともよばれた。…

【末法思想】より

… 仏教復興政策のとられた隋代になると,北周の武帝による亡国と廃仏を同時に体験した旧北斉領内の仏教徒たちを中心にして,末法仏教運動が急速に展開する。この濁悪末世の時代にふさわしい教法として提唱されたのが,太行山脈の東側の河北省の地におこった信行の三階教と,太行山脈の西側の山西省におこった道綽(どうしやく)の浄土教であった。信行や道綽は,《大集月蔵経》の説く末法時を現今と読みとることによって,末法仏教つまり今の我々を救う仏教を提唱した。…

※「信行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

信行の関連キーワードコント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチコント55号とミーコの絶体絶命がんばれ!ジャイアン!!ザバナ・ヌトレニャナ山のび太の結婚前夜ぼくの生まれた日ワディ・ハルファ競輪上人行状記喜劇 女は度胸ワドゥ・メダニ松平信宝(1)エトシャ低地御宿かわせみ澄懐堂美術館オコバンゴ川寺坂吉右衛門寺尾郷右衛門成田清兵衛中島与一郎今村恭太郎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信行の関連情報