コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノリ・メ・タンゲレ ノリ・メ・タンゲレ Noli me Tangere

翻訳|Noli me Tangere

1件 の用語解説(ノリ・メ・タンゲレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノリ・メ・タンゲレ
ノリ・メ・タンゲレ
Noli me Tangere

キリスト教美術の主題。ラテン語で「われに触れるな」の意。『ヨハネによる福音書』 20章 11~18によれば,マグダラのマリアイエスキリストの復活を知らずにその墓に詣で,屍がすでにないのを見て悲しんで泣いていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノリ・メ・タンゲレの言及

【復活】より

…番兵たちはその周囲で眠るか,意識を失ったように倒れている。また復活後,マグダラのマリアの前に現れるキリスト(〈ノリ・メ・タンゲレNoli me tangere(我に触るるな)〉)によっても〈復活〉が示唆されることがある。ビザンティン美術においては,〈キリストのリンボへの降下(アナスタシス)〉が〈復活〉に代わって用いられた。…

※「ノリ・メ・タンゲレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノリ・メ・タンゲレの関連キーワードキリスト教美術初期キリスト教美術俗ラテン語キリスト教会昇天祭聖母子耶蘇キリスト教徒ラテン十字東方キリスト教美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone