ノルマンディー公国(読み)ノルマンディーこうこく(英語表記)Normandie

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ノルマンディー公国
ノルマンディーこうこく
Normandie

911〜1066
フランスのノルマンディー半島からセーヌ川河口一帯にあった公国
ヴェルダン条約後の混乱に乗じて侵入したノルマン人の首長ロロに,911年西フランク王シャルル3世が与えた封地。11世紀にはアンジュー伯に対抗して強大となった。1066年のノルマン−コンクェスト以後イギリス領となったが,1204年フィリップ2世により奪還され,1259年ルイ9世により,正式にフランス王国の一部となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ノルマンディー‐こうこく【ノルマンディー公国】

九一一年、ノルマン人の首長ロロが建てた、北フランス、ノルマンディー地方の公国。一〇六六年、ギョーム(ウィリアム一世)のノルマン‐コンクェスト以後主としてイギリス領になっていたが、一二五九年フランスに併合された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android