公国(読み)コウコク

大辞林 第三版の解説

こうこく【公国】

主に中世ヨーロッパで、公爵の称号をもつ君主が治めた小国。現在では、リヒテンシュタイン公国・モナコ公国などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公国
こうこく
principalityduchydukedom

公prince, dukeの称号をもつ者が元首となっている国をいう。大公grand dukeが元首の国を大公国grand duchyとよぶ。これらの名称は、かつてヨーロッパにおいて国家の序列などに関して一定の意味をもったが、現在では国際法的に特別の意味をもたず、ヨーロッパの小国(リヒテンシュタイン公国モナコ公国ルクセンブルク大公国)に残っているにすぎない。[佐分晴夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐こく【公国】

〘名〙 ヨーロッパで、公の称号を持つ世襲君主が統治する小国。ルクセンブルク大公国の類。〔英和外交商業字彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公国の関連情報