公国(読み)こうこく(英語表記)principality

翻訳|principality

精選版 日本国語大辞典 「公国」の意味・読み・例文・類語

こう‐こく【公国】

〘名〙 ヨーロッパで、公の称号を持つ世襲君主が統治する小国ルクセンブルク大公国の類。〔英和外交商業字彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「公国」の意味・読み・例文・類語

こう‐こく【公国】

ヨーロッパで公の称号を持つ君主が統治する小国。モナコルクセンブルクなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「公国」の意味・わかりやすい解説

公国
こうこく
principality
duchy
dukedom

公prince, dukeの称号をもつ者が元首となっている国をいう。大公grand dukeが元首の国を大公国grand duchyとよぶ。これらの名称は、かつてヨーロッパにおいて国家序列などに関して一定意味をもったが、現在では国際法的に特別の意味をもたず、ヨーロッパの小国(リヒテンシュタイン公国モナコ公国、ルクセンブルク大公国)に残っているにすぎない。

[佐分晴夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android