コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノートカー・ラベオ Notker Labeo

世界大百科事典 第2版の解説

ノートカー・ラベオ【Notker Labeo】

950?‐1022
スイスのザンクト・ガレン修道院の修道士。他の同姓のノートカーと区別して〈大唇(くちびる)Labeo〉または〈ドイツ人Teutonicus〉という副称をもつ。彼は修道院付属学校用に,中世学芸の基本的古典類(ボエティウス,マルティアヌス・カペラ,アリストテレスらの著作,《詩篇》など)を,なお未成熟であった古高ドイツ語を巧妙かつ創造的に駆使して達意の散文に翻訳・注解し,古高ドイツ語を学術的言語にまで高めたということができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノートカー・ラベオの関連キーワードザンクト・ガレン修道院

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android