例外(読み)れいがい

デジタル大辞泉の解説

れい‐がい〔‐グワイ〕【例外】

通例にあてはまらないこと。一般原則の適用を受けないこと。また、そのもの。「例外として扱う」「例外を設ける」「例外的に参加を認める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいがい【例外】

普通の例からはずれていること。原則にあてはまらないこと。また、そういうもの。 欠席を-として認める -なく当てはまる法則 -のない規則はない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐がい ‥グヮイ【例外】

〘名〙 一般の例にはずれること。通例の原則にあてはまらないこと。また、そのもの。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「海軍に入る前にポールトマウスの海軍学校にて教授を受くるものは例外の等級に登る可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

例外の関連情報