コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノービパザル Novi Pazar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノービパザル
Novi Pazar

セルビア南西部の都市。ベオグラード南方約 190km,モンテネグロとの国境に近く,ラシュカ川の峡谷に位置する。農業が主産業で,果物と木材の取り引きも行なわれる。最初はビザンチン帝国の国境要塞,次いで中世セルビア王国の首都,16世紀にオスマン帝国の都市イェニパザルとなり,戸数 6000を有していた。近郊のスタリ・ラス遺跡に残る 10世紀建造の聖ペテロ聖堂はユーゴスラビア地方で最も古い中世初期スラブ建築の一例である。そのほか,聖書の場面を描いた大きなフレスコ画で有名なソポチャニ修道院 (1260頃) があり,スタリ・ラス遺跡とともに世界遺産の文化遺産に登録されている。人口5万 4604 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android