コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノールトホラント州 ノールトホラントNoord-Holland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノールトホラント〔州〕
ノールトホラント
Noord-Holland

オランダ北西部,北海アイセル湖の間の半島部を占める州。州都は,ホラントが南北2州に分割された 1840年以来ハールレム。州域は低平な沼沢地,砂丘粘土質の沖積地から成る。古くからの集落は泥炭地にあり,新しい集落はおもに 19世紀以降干拓された粘土質のポルダーに立地。ポルダー地帯では,運河と風車の典型的オランダ風景がみられ,穀物,テンサイ栽培のほか酪農が盛んで,チーズ生産で知られる。北海沿岸の砂丘地帯には保養地が多いが,北海運河の西端アイモイデンフェルセンには工業が立地し,鋼製品,紙,肥料,化学薬品などを生産。砂丘の内側は,北部では市場園芸,南部では球根栽培が行われている。州都ハールレムは工業都市であるとともに球根取引の中心地。南部に首都アムステルダムがある。面積 2667km2。人口 239万 7088 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノールトホラント州の関連キーワードハールレメルメールエダムフォレンダムザーンスタットヘームステーデヒルフェルスムアールスメールスホクラントアルクマールゾイデル海ビュスムホールン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android