コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイドロサイクロン ハイドロサイクロンhydrocyclone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイドロサイクロン
hydrocyclone

遠心力を利用した分離装置の一種。液体サイクロン,湿式サイクロンなどとも呼ばれる。固体粒子懸濁液や乳濁液のような,液状混合物の分離操作 (分級,濃縮,比重選別,分液など) のために使用される。一般に円筒部をもつ円錐形状で,フィード (鉱石) は円筒部に送入され,分離処理後円錐部末端から排出される。おもに2つ以上の粒子群に分ける操作に用いられる湿式分級機などとして利用される。 (→サイクロン )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のハイドロサイクロンの言及

【サイクロン】より

…直径数cmの小型サイクロンは処理能力は小さいが,数μmまでの粒子を気流から分離し,捕捉することができる。 湿式のサイクロンはハイドロサイクロンhydrocycloneと呼ばれ,選鉱工場などにおいて,分級はもとより,比重選別,固液分離などの目的でも広く使われている。ボールミルと組み合わせて粉砕回路での分級作業に使われるのはその一例である。…

※「ハイドロサイクロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイドロサイクロンの関連キーワードサイクロン(集塵装置)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android