コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳濁液 ニュウダクエキ

7件 の用語解説(乳濁液の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にゅうだく‐えき【乳濁液】

エマルション

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

乳濁液【にゅうだくえき】

エマルジョンとも。ある液体中に,これに溶けない他の液体が微細粒子となって分散・浮遊しているもの。分散粒子の径はふつう0.1〜10μm程度。光を乱反射して牛乳のように白く濁っていることからこの名がある。
→関連項目コロイド切削油ゾル防水加工

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

乳濁液

 →エマルション

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうだくえき【乳濁液 emulsion】

エマルジョンともいう。ある液体中にこれと混じり合わない他の液体が微細粒子となって分散,浮遊している液体混合物。分散粒子の粒径は多くは0.1~10μm程度であり,可視光を乱反射して,牛乳のように白く濁っているので,この名がある。水と油(ガソリンのように水と混ざらないもの)の混合物を激しくかくはんすると,一時的に分散するが,すぐに再び分離してしまう。しかしこれに微量の界面活性剤を加えると,安定な乳濁液ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうだくえき【乳濁液】

エマルション。狭義には流動性のあるエマルションのこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳濁液
にゅうだくえき

エマルジョン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳濁液
にゅうだくえき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳濁液の関連情報