コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイラムチッテンデン水門 ハイラムチッテンデンすいもん

1件 の用語解説(ハイラムチッテンデン水門の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハイラムチッテンデンすいもん【ハイラムチッテンデン水門】

アメリカのワシントン州シアトルにある、水面調節のための水門。ダウンタウンから車で約15分のところに位置する。ピュージェット湾レークユニオンを行き交う船が通る水門で、地元では「ロックス」と呼ばれている。一般人でも水位の上がり下がりや行き交う船が見られる。また、「魚のハシゴ」を意味する「フィッシュラダー」では、毎年6~9月ごろになると産卵のために戻ってくるサッカイサーモンやキングサーモン、コーホーサーモンなどが、レークワシントンを通る様子が見られる。ここのもう1つの見どころは植物園で、広大な土地に造られたこの庭園ではバラなどの美しい花々を楽しめる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイラムチッテンデン水門の関連キーワードワシントン・ポストケーツーシヌックスペースニードルワシントン記念塔シアトル交響楽団シアトルマラソンワシントン[州]エディー・バウアー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone