コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイリスク集団 ハイリスクしゅうだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイリスク集団
ハイリスクしゅうだん

生活習慣などからエイズウイルス感染しやすい人たちの集団。初期にはもっぱら男性同性愛者を指していたが,現在は静脈注射による麻薬の常習者 (他人のウイルスで汚染された注射針を使うことで感染) や売春婦も含まれる。アメリカの場合,感染予防意識の高い同性愛者集団よりも麻薬常習者や売春婦のほうが感染リスクは高いともいわれる。スラム街などで,麻薬欲しさに体を売る少年少女も,新たなハイリスク集団とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイリスク集団の関連情報