コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイリスク集団 ハイリスクしゅうだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイリスク集団
ハイリスクしゅうだん

生活習慣などからエイズウイルス感染しやすい人たちの集団。初期にはもっぱら男性同性愛者を指していたが,現在は静脈注射による麻薬の常習者 (他人のウイルスで汚染された注射針を使うことで感染) や売春婦も含まれる。アメリカの場合,感染予防意識の高い同性愛者集団よりも麻薬常習者や売春婦のほうが感染リスクは高いともいわれる。スラム街などで,麻薬欲しさに体を売る少年少女も,新たなハイリスク集団とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android