静脈注射(読み)ジョウミャクチュウシャ

  • じょうみゃくちゅうしゃ ジャウミャク‥
  • じょうみゃくちゅうしゃ〔ジヤウミヤク〕

大辞林 第三版の解説

薬液を直接静脈内に注入する注射法。薬液が皮下注射や筋肉注射に不適当な場合や、量が多い場合に行う。速やかな効果が期待できる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 注射器で静脈内に薬液を注入すること。静注。〔新しき用語の泉(1921)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の静脈注射の言及

【注射】より

…実際に初めて注射を行ったのは1853年イギリスのウッドAlexander Wood(1817‐87)とするのが通説のようである。その後,J.スコーダはジギタリスやサリチル酸などの皮下注射法を開発し,80年代には静脈注射も行われるようになった。この背景には,消毒,滅菌法の確立があり,薬剤を無菌化できるようになったことがある。…

※「静脈注射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静脈注射の関連情報