コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売春婦 バイシュンフ

大辞林 第三版の解説

ばいしゅんふ【売春婦】

売春をする女性。売笑婦。淫売婦。醜業婦。売女。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の売春婦の言及

【街娼】より

…街頭で客を誘う売春婦の総称。他の売春婦がその居住する家に客を迎え,あるいは客の招請に応じて接客場所へ行くのに対し,みずから街頭に出て誘客するのを特色とする。…

【私娼】より

…政治権力が承認する公娼に対し,それ以外の売春婦を私娼という。一般には公娼制度下における秘密売春婦をさすが,公娼制をとらない国の売春婦も分類上は私娼に属する。…

【娼妓】より

…売春婦の異称の一つ。日本では一般に公娼をさすことが多く,ことに明治以後は官制用語となったため,それ以前の遊女と対比して用いられている。…

【売春】より

…以下の記述においても,近代以前に関しては必ずしも冒頭の定義が適用されえない場合があることに留意されたい。 売春者の大多数は女性であり,売春婦,売笑婦,娼婦などさまざまな呼称があるが,男性の売春(男娼)も当然存在する。この項では女性の売春を中心として,西洋と日本につき概観を試みる。…

【遊女】より

…売春婦の古称。日本の文献に遊女のことが出るのは《万葉集》の遊行女婦(うかれめ)が最も古く,以後10~12世紀ころまでに,うかれめ,遊女(あそびめ∥あそび),遊君(ゆうくん),および中国語の妓女(ぎじよ),娼女(しようじよ),傾城(けいせい)などの称が使われるようになった。…

※「売春婦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

売春婦の関連キーワードサンダカン八番娼館/底辺女性史序章プロスティチュートストリートガールワーキングガール賤業婦・賎業婦コールガールこそこそ宿娼妓・倡伎特殊飲食店浮世比丘尼坊主殺し隠し売女フッカー狩込みパン助唐行き夜の女卓袱屋達磨屋船饅頭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

売春婦の関連情報