コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ[5世] ハインリヒ

百科事典マイペディアの解説

ハインリヒ[5世]【ハインリヒ】

ザリエル朝最後のドイツ国王(在位1098年―1125年),神聖ローマ皇帝(在位1111年―1125年)。ハインリヒ4世の子。1104年諸侯とともに父王に対し反乱,1105年その王位を奪った。
→関連項目マティルダ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハインリヒ[5世]【Heinrich V】

1081‐1125
ザリエル朝最後のドイツ国王(在位1098‐1125),神聖ローマ皇帝(在位1111‐25)。1104年叙任権闘争における反皇帝派と結んで父王ハインリヒ4世に背き,王位を奪った(1105)。だが父王同様,俗権による聖職叙任の正当性に固執したため,叙任権闘争はその後も続き,何度かの教皇方との和解の試みも失敗。結局ドイツ諸侯の調停を受け入れて,1122年教皇カリストゥス2世との間にウォルムス協約を結び,半世紀近く続いた叙任権闘争に終止符を打った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハインリヒ[5世]の関連キーワードハインリヒ[4世]

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android