コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウザー‐フェシュバックの理論式 Hauser-Feshbach equations

法則の辞典の解説

ハウザー‐フェシュバックの理論式【Hauser-Feshbach equations】

原子核による中性子の非弾性散乱と全断面積を与える式.角運動量 l,エネルギー E の中性子が原子核に入射するとき中性子が標的原子核に入り込む確率を TlE)とすると,複合核形成断面積 σc(l)

となる.このようにして生じた複合核が,角運動量 l′,エネルギー Ep の中性子を放出して崩壊する確率は

で与えられるから,複合核の生成と中性子放出が独立の過程であると考えるならば,角運動量 l′,エネルギー Ep の中性子を放出する反応の断面積は上の二つの式の積となる.

σ(lE;lEp)=σc(l)P(lp)Ep

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android