コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウザー‐フェシュバックの理論式 Hauser-Feshbach equations

1件 の用語解説(ハウザー‐フェシュバックの理論式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ハウザー‐フェシュバックの理論式【Hauser-Feshbach equations】

原子核による中性子非弾性散乱全断面積を与える式.角運動量 l,エネルギー E の中性子が原子核に入射するとき中性子が標的原子核に入り込む確率を TlE)とすると,複合核形成断面積 σc(l)

となる.このようにして生じた複合核が,角運動量 l′,エネルギー Ep の中性子を放出して崩壊する確率は

で与えられるから,複合核の生成と中性子放出が独立の過程であると考えるならば,角運動量 l′,エネルギー Ep の中性子を放出する反応の断面積は上の二つの式の積となる.

σ(lE;lEp)=σc(l)P(lp)Ep

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウザー‐フェシュバックの理論式の関連キーワードクーロン散乱原子核中性子分散公式超臨界フォトニュートロン菊池線デルブリュック散乱マッセイ判断基準中性子散乱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone