コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非弾性散乱 ひだんせいさんらん

2件 の用語解説(非弾性散乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非弾性散乱
ひだんせいさんらん

「散乱弾性散乱」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひだんせい‐さんらん【非弾性散乱】

原子・陽子・中性子・電子・光子など粒子どうしの衝突で、衝突前後で粒子が励起して運動エネルギーの一部を失ったり、数や種類が変わったりする場合をいう。また、量子力学的な波の散乱としても扱われる。⇔弾性散乱

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の非弾性散乱の言及

【核反応】より

…一方,散乱後の原子核が励起状態にある場合には,放出粒子の運動エネルギーは核の励起に使われた分だけ入射粒子の値より小さい。これを非弾性散乱という。この場合,残留核Aが励起状態にあり,放出粒子aの運動エネルギーが減少していることを示すために,A*,a′などの記号が使われることが多い。…

【散乱】より

…例えば標的である分子,原子や原子核が入射波(粒子)である電子,陽子などとの相互作用によって,電子励起,電離,分子の分解,原子核の励起などが起こることがある。このような場合を一般に非弾性散乱といい,標的に変化のない散乱を弾性散乱という。弾性とは入射波の波長(運動量)と散乱波の波長とが等しい場合を指し,非弾性とは等しくない場合を指している。…

【光散乱】より

…多重散乱は,粒子密度が大きく粒子相互間で繰り返し多数回の散乱が起こる場合であって,雲による光の散乱はこの一例である。 光散乱は,また波長変化を伴わない散乱と伴う散乱に分けられ,前者を弾性散乱,後者を非弾性散乱と呼ぶ。弾性散乱には,レーリー散乱とミー散乱がある。…

※「非弾性散乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

非弾性散乱の関連キーワード核反応クォーク弾性散乱反中性子Λ粒子基本粒子中性子線同余体フェルミ‐ヤン(楊)の粒子モデル中性子散乱

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非弾性散乱の関連情報