非弾性散乱(読み)ヒダンセイサンラン

化学辞典 第2版「非弾性散乱」の解説

非弾性散乱
ヒダンセイサンラン
inelastic scattering

[別用語参照]散乱

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の非弾性散乱の言及

【核反応】より

…一方,散乱後の原子核が励起状態にある場合には,放出粒子の運動エネルギーは核の励起に使われた分だけ入射粒子の値より小さい。これを非弾性散乱という。この場合,残留核Aが励起状態にあり,放出粒子aの運動エネルギーが減少していることを示すために,A*,a′などの記号が使われることが多い。…

【散乱】より

…例えば標的である分子,原子や原子核が入射波(粒子)である電子,陽子などとの相互作用によって,電子励起,電離,分子の分解,原子核の励起などが起こることがある。このような場合を一般に非弾性散乱といい,標的に変化のない散乱を弾性散乱という。弾性とは入射波の波長(運動量)と散乱波の波長とが等しい場合を指し,非弾性とは等しくない場合を指している。…

【光散乱】より

…多重散乱は,粒子密度が大きく粒子相互間で繰り返し多数回の散乱が起こる場合であって,雲による光の散乱はこの一例である。 光散乱は,また波長変化を伴わない散乱と伴う散乱に分けられ,前者を弾性散乱,後者を非弾性散乱と呼ぶ。弾性散乱には,レーリー散乱とミー散乱がある。…

※「非弾性散乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android