ハウス・ミュージック[house music](読み)ハウスミュージック

音楽用語ダスの解説

ハウス・ミュージック[house music]

'80年代半ばにシカゴのクラブDJたちが始めたダンス・ミュージック。ウエアハウスというクラブで始まったことからついた呼称。ドラム・マシンを使った機械的なビート、サンプラーを駆使した複数の既成の音源のフレーズ・サンプリングなどを特徴とする。フランキー・ナックルズ、トニー・ハンフリーズといったDJがシーンをリードしてきた。その後、アンビエント・ハウス、アシッド・ハウスなど枝わかれし、アシッド・ジャズ・ムーブメントにも影響を与えている。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android