コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウス・ミュージック[house music] ハウスミュージック

1件 の用語解説(ハウス・ミュージック[house music]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ハウス・ミュージック[house music]

'80年代半ばにシカゴクラブDJたちが始めたダンスミュージック。ウエアハウスというクラブで始まったことからついた呼称。ドラムマシンを使った機械的なビートサンプラーを駆使した複数の既成の音源のフレーズサンプリングなどを特徴とする。フランキー・ナックルズ、トニー・ハンフリーズといったDJがシーンリードしてきた。その後、アンビエント・ハウス、アシッド・ハウスなど枝わかれし、アシッド・ジャズ・ムーブメントにも影響を与えている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウス・ミュージック[house music]の関連キーワードクラブ思い半ばに過ぐクラブハウス就職氷河期ハウスミュージックシカゴジャズベル友放課後児童クラブシカゴ筋ラヴィーナ:ノクターン/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone