DJ(読み)ディージェー

  • Dow Jones
  • disk jockey

デジタル大辞泉の解説

disk jockey
ディスクジョッキー
ディスコやクラブなどで、ダンスミュージックを選曲してかける人。また、ミキシングスクラッチなどの技法を用いて、レコードによる演奏パフォーマンスを行う人。
Dow Jones》ダウ‐ジョーンズ。米国の経済報道会社。「ウォールストリートジャーナル」を発行し、ダウ平均株価を発表する。1882年設立。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディスク・ジョッキーdisk jockeyの略。ダンス・クラブやディスコでレコードを選択し、プレーする人。既成のレコードをただ流すだけに留まらず、しばしば複数のターンテーブルを同時に用い、ミックスやスクラッチなどの手法を用いて演奏する。またその延長線上で新たな音楽を制作することもあり、1980年代以降のクラブ・ミュージックにおける新たなミュージシャンとしての地位を獲得している。

 1970年代のディスコ・ブームによって、クラブDJという存在がクローズ・アップされるようになった。ディスコ(90年代以降はクラブという呼び方が一般的になった)でのDJは通常2台のターンテーブルとミキサーを用い、次々に切れ目なくレコードを回し、時には2枚のレコードをミックスしたりリズム・ボックスなどの電子楽器を用いて、ダンスに適した音楽空間をつくり出す。1980年代に入るとDJ自らが音楽制作に乗り出すことも多くなり、ハウスやテクノ、ドラムンベースといったクラブ・ミュージックの諸ジャンルを生み出すことになる。

 1970年代後半に誕生したヒップ・ホップでは、DJは旧来のミュージシャンと同様にレコードを演奏する。2枚の同じレコードの一部分を、2台のターンテーブルで繰り返しつなぎ一定のビートをつくり出したり(ブレイクビーツ)、ターンテーブルを手でこすり反転させて摩擦音をパーカッション的に用いたり(スクラッチ)などの技法を駆使し、ラップを行うMC(Master of Ceremonies)の伴奏を奏(かな)でる。90年代に入るとDJミュージックは自立し、ターンテーブリズムというジャンルを生み出すまでに至る。

 なおジャマイカのポピュラー音楽、レゲエでは、ヒップ・ホップにおけるラッパーにあたる存在をDJと呼ぶので区別が必要である。

 ラジオやミュージック・ビデオ番組でレコードを選択し、オンエアするDJについては項目「ディスク・ジョッキー」を参照。

[増田 聡]

『安斎直宗著『DJのための全知識』(1997・リットーミュージック)』『『アルティメイトDJ'Sファイル』(1998・Tokyo FM 出版)』『椹木野衣著『増補版 シミュレーショニズム――ハウス・ミュージックと盗用芸術』(ちくま学芸文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のDJの言及

【ディスク・ジョッキー】より

…ラジオ,テレビで音楽をかけながらおしゃべりをするアナウンサーやタレントおよび,その種の番組をさす。DJと略す。ディスク(レコード)とジョッキー(騎手)の合成語で,レコード(音楽)にのって空を駆けるという意味をもつ。…

【レゲエ】より

…ロンドンにジャマイカ人移民が増加したこともあって,70年代後半からイギリスを本拠とするレゲエ・ミュージシャンも続出した。80年代に入ると,トーストtoastもしくはDJと呼ばれる,風刺性に富んだ,メロディのない早口言葉のようなボーカル・スタイル,ラバーズ・ロックlovers rockと称するラブ・バラッド的なものなど多様化し,世界のポピュラー音楽に広範な影響を及ぼしている。 レゲエの背景として,エチオピアの皇帝ハイレ・セラシエを救世主とみる一種のメシア信仰,ラスタファリ思想Rastafarianismが存在する。…

※「DJ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DJの関連情報