ドラム(読み)どらむ(英語表記)drum

翻訳|drum

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドラム」の解説

ドラム
どらむ
drum

太鼓のことで、膜鳴楽器のほぼすべてが含まれるが、一部の民族音楽において用いられているスリット・ドラム(割れ目太鼓)のように、体鳴楽器でもこの名のついているものがある。

[藤田隆則]

ドラムズdrums

ドラムの複数形であるドラムズ(日本では普通、ドラムスとよんでいる)は、ジャズやロック・ミュージックなどで用いられるドラム・セットのことをさし、これにはベース・ドラム、スネア・ドラム、トム・トムなど円筒形の膜鳴楽器のほかに、シンバル、ハイハット・シンバルなどの体鳴楽器も含む。以上の各楽器が1個ずつないし複数個置かれて、1人の奏者が両手に持った桴(ばち)(スティック)またはワイヤ・ブラシで演奏する。なお、ベース・ドラムは通常、ペダルを踏んで鳴らし、ハイハット・シンバルも足踏みペダルによって打ち合わせて鳴らす。近年ではシンセサイザー・ドラムと称して、打音を電気信号に変換してさまざまな音色を生成していくドラムズも多用されるようになった。

[藤田隆則]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ドラム」の解説

ドラム

〘名〙 (drum)
① 打楽器の一種。洋楽の太鼓のこと。円筒形の金属製または木製の胴の両面に皮を張り、ばちか手でたたいて演奏する。バス‐ドラム(大太鼓)、サイド‐ドラム(小太鼓)、フレーム‐ドラム(タンバリン)、ケットル‐ドラム(ティンパニ)などがある。〔外来語辞典(1914)〕
② 中空で円筒形をしている機械の部品
※日本沈没(1973)〈小松左京〉三「コンピューターのランプが壁面いっぱいに点滅し、記憶装置(メモリー)のテープやドラムがまわり」
③ 円屋根の支壁。
④ 「ドラムカン(━缶)」の略。
※海の光(1949‐56)〈檀一雄〉一「宗は店先のドラムの中にゴムの管を垂らし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ドラム」の解説

ドラム(drum)

洋楽の太鼓のこと。また、ジャズ・ロックなどのバンドで用いるドラムセットをいう。
建物で、ドーム下部にある円筒状の部分。
円筒状の石材
円筒状の機械部品。「ドラムブレーキ」
コンピューターで、磁気ドラム記憶装置のこと。

ドラム(dram)

ダラム

ドラム(〈アルメニア〉dram)

アルメニアナゴルノカラバフの通貨単位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドラムの言及

【太鼓】より

…アフリカの民俗の中では,月・実り・母などの女性的象徴,太陽・再生などの男性的象徴となっているほか,一個の人格と同様に扱われて食物や犠(いけにえ)がささげられたり,悪霊払いにも広く用いられている。世俗的な用途としては権力の象徴として戦場に持ち出され,管楽器とともに用いられて軍楽の基となり,純粋な楽器へと発展していったほか,情報伝達の具ともなった(トーキング・ドラム)。
[構造]
 構造の主要部分は,音を生み出すために必要な,膜の緊張を保持する機構と,膜の振動を太鼓の音として特徴づける機能をもつ胴の形態である。…

※「ドラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android