コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シカゴ

8件 の用語解説(シカゴの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シカゴ

「Chicago」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シカゴ

米国,イリノイ州北東部,ミシガン湖岸の都市。ニューヨークロサンゼルスに次ぐ大都市五大湖水運の重要な港湾都市で,陸上交通の要地でもある。後背地は豊かな農業・酪農地帯で,小麦,トウモロコシ,家畜の取引が盛ん。
→関連項目イリノイ[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

シカゴ

ビルケンシュトックが販売するカジュアルシューズ。同社のブランドフットプリンツ」の製品。

シカゴ

2002年製作のアメリカ映画。原題《Chicago》。ボブ・フォッシー振り付けの同名トニー賞受賞ミュージカルを映画化。監督:ロブ・マーシャル、出演:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズリチャード・ギアほか。第75回米国アカデミー賞作品賞、助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、美術賞、衣装デザイン賞、編集賞、音響賞受賞。第60回米国ゴールデングローブ賞作品賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞。

シカゴ

1937年製作のアメリカ映画。原題《In Old Chicago》。監督:ヘンリーキング、出演:タイロン・パワーアリス・フェイ、ドン・アメチー、アリス・ブラディ。第10回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同助演女優賞受賞(アリス・ブラディ)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シカゴ【Chicago】

アメリカ合衆国中西部,イリノイ州北東部の大都市。人口273万2000(全米3位,1994),大都市域人口841万(1992)。ミシガン湖南西岸に位置し,人口,経済,文化等の面において,ニューヨーク,ロサンゼルスと並び,アメリカを代表する都市である。大西洋岸にあって植民地時代以来の国際都市として栄えてきたニューヨークや,20世紀の自動車時代に発展した西海岸のロサンゼルスとは異なり,シカゴは内陸の国内交通のかなめ,とくに中西部の農産物集散地として発達し,19世紀アメリカの工業化,都市化に歩調をそろえて成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シカゴ
シカゴ
Chicago

アメリカ合衆国イリノイ州北東端,ミシガン湖畔にある都市。合衆国有数の大都市で,気候は大陸的である。1803年要塞が築かれ,1832年入植が始まった。1848年イリノイ―ミシガン運河が完成し,1852年東部から鉄道が通じて交通の要衝,重要な港として急速に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シカゴ
しかご
Chicago

アメリカ合衆国、イリノイ州のミシガン湖畔にある商工業都市。人口289万6016、大都市圏人口915万7540(2000)はともにニューヨーク、ロサンゼルスに次いで第3位である。合衆国中部地域の行政・経済・文化・交通の一大中心地で、世界一忙しいオヘア国際空港(1日平均2300便)、世界一の穀物取引所、世界一大きい郵便局、世界一高いマンションのレイク・ポイント・タワー(70階、196メートル)などがあって、世界一が好きな都市として知られる。ミシガン湖岸には広い緑の公園とヨット・ハーバーがよく整備され、湖上から眺める都市景観のみごとさをも市民は世界一と誇りにしている。市名は先住民アルゴンキンのことばで「野生のニンニクあるいはタマネギのある場所」という意味のchicagou'に由来する。
 市はミシガン湖に注ぐシカゴ川の河口に位置する。湖岸から内陸に十数キロメートル入ると、氷河時代の堆石丘(たいせききゅう)が連なる。比高30メートルほどであるが、これが北アメリカ大陸の南北を分ける分水嶺(ぶんすいれい)で、これを境に南はミシシッピ川の流域でメキシコ湾へ注ぎ、北は五大湖を経てセント・ローレンス川の流域となる。1848年にこの低い分水嶺を刻んで運河が掘られ、五大湖とミシシッピ川が水路で結ばれたことがシカゴの発達の基礎となった。気候は最寒月(1月)の平均気温が零下5.6℃、最暖月(7月)の平均気温が23.4℃で、日本の盛岡とよく似ている。しかし、大陸性が大きく、とくに冬はカナダ極北から南下する寒冷気団を妨げる地形的障害がないため、零下25℃ぐらいになることも珍しくない。
 19世紀末までのシカゴの産業は、中西部のトウモロコシ、小麦、家畜、木材の集散と、製粉、食肉加工、木材加工が主であった。しかし、1959年にセント・ローレンス水路の改修が行われると、シカゴに外洋と直結する国際的工業港湾都市としての役割を加え、カルメット港の整備と工場地帯の造成により鉄鋼業と機械工業の集積が進んだ。ゲーリー、サウス・シカゴなど都市圏内の諸都市とともに合衆国第二の重化学工業地帯が形成され、USスチール、インランドスチールなど鉄鋼業の主力工場、農業機械では世界最大級のナビスター・インターナショナルが育った。また、交通都市としての重要さは、鉄道時代が高速道路と航空機の時代に移っても変わらず、産業都市から商業・サービス・金融・文化・情報の都市へと幅を広げ、合衆国中西部の中枢都市の性格を強め、国内企業のみでなく外国商社の進出も著しい。交通上の利点から全国的な会議や展示会が催され、展示場やホテルが多い集会・会議都市でもある。
 観光の見どころは豊富である。シカゴ大火後に残骸(ざんがい)で埋め立てた湖岸の公園は、他都市に類をみない規模の大きさである。グラント公園には湖岸高速道が走り、市営飛行場、ヨットハーバー、自然博物館、水族館、プラネタリウム、野外集会場、野外音楽堂などがあり、中心に巨大で華麗なバッキンガム噴水がある。その北には湖岸に8キロメートルにわたってリンカーン公園が広がり、湖水浴場、ゴルフ場、射撃場、運動場、テニスコート、温室植物園、動物園などがある。摩天楼の発祥地であるシカゴは近代建築の集大成として国際的に定評があり、市内の建築をひととおり見て歩くと現代建築史を総括できるといわれる。なかでもフランス・ルネサンス風のリグレー(チューインガムなどの食品加工会社)の白いビルは、夜は照明が当てられ、シカゴのランドマークとなっている。1973年に完成した大型百貨店シアーズの本社ビル(シアーズ・タワー。2009年以降ウィリス・タワーに名称変更)は高さ442メートルで、1996年までは世界一の高さを誇っていた。このビルの110階展望台「スカイデッキ」からの眺めも絶景である。ピカソがシカゴのためにデザインした鋼鉄の彫刻(高さ15.2メートル、重さ149トン)が玄関前を飾る市庁舎、穀物取引所、商品取引所などもガイドの案内で見物できる。都心に近いオールド・タウンは、手芸・民芸品店、レストラン、バー、ナイトクラブなどが集まっていて夜遅くまでにぎわう。一方、19世紀後半から20世紀初期の禁酒法時代にかけては、アル・カポネに代表されるシカゴ・ギャングが強大な組織をもち、犯罪都市の印象を深めたこともある。また、シカゴ交響楽団の本拠地であるほか、美術館、博物館の数も多い文化的な都市であり、ミシガン湖岸に建てられたジョン・G・シェド水族館(1930開館)、フランス印象派の作品を集めたシカゴ美術館、大規模な科学技術博物館などが有名である。イリノイ大学、シカゴ大学など水準の高い大学も多く、とくに医学部門をもつ6大学が集まっているため、医学では世界のメッカといわれる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシカゴの言及

【ジャズ】より

…20世紀初め,アメリカ南部の港町ニューオーリンズの黒人ブラスバンドから生まれた音楽。1920年代を通じて,シカゴ,カンザス・シティ,またニューヨークなどの北部諸都市に伝播し,30年代後半にはスウィング・ミュージックと呼ばれて世界に広まった。第2次世界大戦まではダンス音楽であったが,戦後は鑑賞音楽として独自の発展をとげた。…

【スカイスクレーパー】より

…以来今日まで,おもに事務所・商業建築として各種方式が展開されてきた。 19世紀半ばの鉄材(初めは鋳鉄,後に鋼鉄)とエレベーターの登場,その後の鉄骨造の導入は,高層化を飛躍的に進め,シカゴを舞台に,より高くかつ軽快で透明な建築タイプが追求され,90年代に最盛期を迎えた。構造と外観の一体表現,上下連続させた細身の柱と幅広い窓による重量感の軽減そして垂直上昇感の強調,伝統様式を離れた自由なデザインなど,合理的な解決を示す例に,タコマ・ビル(1889,ホラバード,ローシェ),ライター・ビル(1890,W.ジェニー),リライアンス・ビル(1894,バーナム,ルート)がある。…

※「シカゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シカゴの関連キーワードアングロアメリカアメリカンイリノイ合衆国ネブラスカ亜米利加マウンテン・カーイリノイ[州]ノース・ダコタ[州]アメリカ合衆国最高裁判所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シカゴの関連情報