コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハカタカラクサ(博多唐草) ハカタカラクサZebrina pendula; wandering-Jew zebrina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハカタカラクサ(博多唐草)
ハカタカラクサ
Zebrina pendula; wandering-Jew zebrina

ツユクサ科の半つる性の多年草で,メキシコ原産。シマフムラサキツユクサ (縞斑紫露草) ともいう。日本には明治中頃に渡来し,観葉植物として温室で栽培され,品種が多い。茎は長く伸びて分枝し,節から根をおろして盛んにふえる。茎や葉は多汁多肉質,茎に粗毛があり,若い茎の部分は上向する。葉は互生し無柄で,長楕円形,長さ 8cmぐらい,先端はとがる。上面は紫色を帯びた銀白色,下面は紫紅色。花は赤紫色で2枚の舟形をした包葉の間に大小2個ずつ咲く。萼片と花弁は合体して筒状をなす。園芸界ではこの種をトラデスカンティア Tradescantiaということが多いが,分類学上は別属のゼブリナ Zebrinaとするのが普通である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハカタカラクサ(博多唐草)の関連キーワードツユクサ科ゼブリナ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android