ハキダメギク(掃溜菊)(読み)ハキダメギク(英語表記)Galinsoga ciliata; French weed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハキダメギク(掃溜菊)
ハキダメギク
Galinsoga ciliata; French weed

キク科の小型の一年草で,アメリカ原産。別名コゴメギク。帰化雑草として都会地の路傍などに広まっている。高さ 20~40cmとなり,茎,葉ともに白い短毛が目立つ。葉には柄がなく対生し,長さ4~8cmの菱形状卵形で縁にあらく深い欠刻状の鋸歯がある。夏から秋にかけて,次々と径 5mmほどの白色の頭状花をつける。頭花の外周部には数個の舌状花があり,中央には黄色の管状花がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android