コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管状花 かんじょうか tubulous flower

4件 の用語解説(管状花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管状花
かんじょうか
tubulous flower

キク科の花にみられる変形した小花の構造で,5枚の花弁が癒合して筒状になって,1個の小花をなすもの。筒状花ともいう。めしべ,おしべは管の中心から突き出している形となる。アザミなどは管状花のみから花が構成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんじょう‐か〔クワンジヤウクワ〕【管状花】

合弁花の一。花びらが合わさって管状になる花。菊の中心花やアザミにみられ、集まって頭状花を構成する。管状小花。筒状花(とうじょうか)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんじょうか【管状花】

合弁花冠をもつ花の一形。全花弁がつながり筒形となるもの。キク科の頭状花序などにみられる。筒状花とうじようか

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管状花
かんじょうか

筒状花(とうじょうか)ともいう。合弁花の一種で、普通はキク科植物の頭状花序につく放射相称の花をいう。合弁花冠は細長く、管状または筒状になり、上部は五つの裂片に分かれる。ヨメナやキクなどでは管状花は頭状花序の中央部に集まり、周囲を舌状花で囲まれる。アザミなどでは頭状花序は管状花のみよりなる。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

管状花の関連キーワードアセタール二次構造菊皿茎針花の魁大豚草集葯雄蕊機械的条線組織エル-エス-テクトナイト柱状構造