管状花(読み)かんじょうか(英語表記)tubulous flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管状花
かんじょうか
tubulous flower

キク科の花にみられる変形した小花の構造で,5枚の花弁が癒合して筒状になって,1個の小花をなすもの。筒状花ともいう。めしべおしべは管の中心から突き出している形となる。アザミなどは管状花のみから花が構成される。管状花の上縁が一方に偏して広がったものは舌状花であり,多くのキク科植物では,中心に管状花が群がり,周辺に舌状花が並んで花を構成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんじょう‐か〔クワンジヤウクワ〕【管状花】

合弁花の一。花びらが合わさって管状になる花。菊の中心花やアザミにみられ、集まって頭状花を構成する。管状小花。筒状花(とうじょうか)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじょうか【管状花】

合弁花冠をもつ花の一形。全花弁がつながり筒形となるもの。キク科の頭状花序などにみられる。筒状花とうじようか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管状花
かんじょうか

筒状花(とうじょうか)ともいう。合弁花の一種で、普通はキク科植物の頭状花序につく放射相称の花をいう。合弁花冠は細長く、管状または筒状になり、上部は五つの裂片に分かれる。ヨメナやキクなどでは管状花は頭状花序の中央部に集まり、周囲を舌状花で囲まれる。アザミなどでは頭状花序は管状花のみよりなる。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんじょう‐か クヮンジャウクヮ【管状花】

〘名〙 花冠が管状または筒状になっている花。特にキク科で、舌状花に対して用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android