コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管状花 かんじょうかtubulous flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管状花
かんじょうか
tubulous flower

キク科の花にみられる変形した小花の構造で,5枚の花弁が癒合して筒状になって,1個の小花をなすもの。筒状花ともいう。めしべおしべは管の中心から突き出している形となる。アザミなどは管状花のみから花が構成される。管状花の上縁が一方に偏して広がったものは舌状花であり,多くのキク科植物では,中心に管状花が群がり,周辺に舌状花が並んで花を構成する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんじょう‐か〔クワンジヤウクワ〕【管状花】

合弁花の一。花びらが合わさって管状になる花。菊の中心花やアザミにみられ、集まって頭状花を構成する。管状小花。筒状花(とうじょうか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじょうか【管状花】

合弁花冠をもつ花の一形。全花弁がつながり筒形となるもの。キク科の頭状花序などにみられる。筒状花とうじようか

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管状花
かんじょうか

筒状花(とうじょうか)ともいう。合弁花の一種で、普通はキク科植物の頭状花序につく放射相称の花をいう。合弁花冠は細長く、管状または筒状になり、上部は五つの裂片に分かれる。ヨメナやキクなどでは管状花は頭状花序の中央部に集まり、周囲を舌状花で囲まれる。アザミなどでは頭状花序は管状花のみよりなる。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

管状花の関連キーワードヨツバヒヨドリ(四葉鵯)ジョチュウギク(除虫菊)キンケイギク(金鶏菊)ヤグルマギク(矢車菊)ノボロギク(野襤褸菊)ヒヨドリバナ(鵯花)カイザイク(貝細工)ヒマワリ(向日葵)ヤンバルヒゴタイテバコモミジガサノブキ(野蕗)シュウブンソウヨツバヒヨドリクルマバハグマサンビタリアソリダスター東菊・吾妻菊サワヒヨドリサワシロギクジャコビニア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android