コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチミツとクローバー

5件 の用語解説(ハチミツとクローバーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ハチミツとクローバー

台湾のテレビドラマ。2008年5月放映開始(全23話)。出演、伊藤千晃、レゴ・リー、チャン・チュンニンほか。ラブストーリー。原作は羽海野チカによる同名の日本の少女漫画

ハチミツとクローバー

日本のテレビドラマ。放映はフジテレビ系列(2008年1月~3月)。全11回。原作:海野チカによる同名の漫画作品。脚本:金子茂樹。音楽:海田庄吾ほか。出演:成海璃子、生田斗真、向井理、成宮寛貴ほか。美術大学を舞台とする青春群像劇。略称は漫画と同じ「ハチクロ」。

ハチミツとクローバー

2006年公開の日本映画。監督・脚本:高田雅博、原作:羽海野チカによる同名の漫画作品、脚本:河原雅彦。出演:櫻井翔、蒼井優、加瀬亮、関めぐみ、西田尚美、堺雅人ほか。美術大学を舞台とする青春群像劇。第61回毎日映画コンクール女優助演賞(蒼井優)ほか受賞。

ハチミツとクローバー

日本のテレビアニメ。放映はフジテレビほか(2005年4月~9月)。原作:羽海野チカによる漫画作品。制作:J.C.STAFF。声の出演:工藤晴香ほか。美大生たちの恋や悩みを描く群像劇。2006年には続編『ハチミツとクローバーII』が制作・放映された。

ハチミツとクローバー

羽海野チカによる漫画作品。美術大学を舞台にした青春群像劇。『CUTiE』2000年6月号で連載開始、『ヤングユー』を経て『コーラス』2006年7月28日で連載終了。集英社クイーンズコミックスヤングユー全10巻。第27回(2003年度)講談社漫画賞 少女部門受賞。2005年と2006年にフジテレビ系列でアニメが放映されたほか、2006年には高田雅博監督により実写映画化。2008年にはフジテレビ系列で実写ドラマが放映された。同年、台湾でもテレビドラマ化されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハチミツとクローバーの関連キーワード3月のライオン羽海野チカアオイホノオ海のアリアULTRASエンジェル・ブレスCRASHミュジコフィリアやがて、藍になるラフ ROUGH

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハチミツとクローバーの関連情報