コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加瀬亮 かせ りょう

2件 の用語解説(加瀬亮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加瀬亮 かせ-りょう

1974- 平成時代の俳優。
昭和49年11月9日生まれ。浅野忠信付き人をへて,平成12年「五条霊戦記」でデビュー,16年「アンテナ」で初主演。「誰も知らない」「好きだ、」「ハチミツとクローバー」などに出演。「それでもボクはやってない」で,19年度の報知映画賞主演男優賞,日本アカデミー賞優秀主演男優賞,キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞,ブルーリボン賞主演男優賞など数々の賞をとる。25年「アウトレイジ ビヨンド」で毎日映画コンクール男優助演賞。父は双日社長・加瀬豊。神奈川県出身。中央大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

加瀬 亮


芸名
加瀬 亮

性別
男性

生年月日
1974/11/09

干支
寅年

出身地
神奈川県

身長
174cm

体重
57kg

デビュー年
2000

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1974年11月9日生まれ、神奈川県出身の俳優。2000年に石井聰互監督の『五条霊戦記』でスクリーンデビュー。2008年には周防正行監督の『それでもボクはやってない』(主演)で第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、第50回ブルーリボン賞、第32回報知映画賞など、数多くの賞を受賞する。国内だけでなく、『硫黄島からの手紙』(クリントイーストウッド監督)、『TOKYO! インテリア・デザイン』(ミシェル・ゴンドリー監督)、『永遠の僕たち』(ガス・ヴァン・サント監督)、『Like Someone in Love』(アッバス・キアロスタミ監督)、『自由が丘で』(ホン・サンス監督)など、海外の著名な監督の作品に多く出演している。

デビュー作
映画『五条霊戦記』 石井聰互監督

代表作品
映画『自由が丘で』 ホン・サンス監督(2014) / 映画『劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇・爻ノ篇』 永井聡監督(2013) / 映画『海街diary是枝裕和監督(2015)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加瀬亮の関連キーワード稲葉義男岡田日郎北村和夫佐藤慶高橋悦史田中邦衛福田甲子雄三津田健森塚敏山形勲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加瀬亮の関連情報