ハッブース街(読み)ハッブースガイ

デジタル大辞泉の解説

ハッブース‐がい【ハッブース街】

Quartiers des Habous》モロッコ北部の都市カサブランカの一地区。1920年代、フランス植民地時代に建設され、フランス風の近代建築と同国の伝統的な街並みが併存する。衣料品、真鍮(しんちゅう)・銅製品、陶器などの店が並ぶスーク(野外市場)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android