コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッブース街 ハッブースガイ

デジタル大辞泉の解説

ハッブース‐がい【ハッブース街】

Quartiers des Habous》モロッコ北部の都市カサブランカの一地区。1920年代、フランス植民地時代に建設され、フランス風の近代建築と同国の伝統的な街並みが併存する。衣料品、真鍮(しんちゅう)・銅製品、陶器などの店が並ぶスーク(野外市場)がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ハッブース街の関連キーワード世界のおもなアカデミークラストルフォントネルファッション・ブックフランス社会党フランス労働総同盟フェヌロンブラントームワイスシモンドン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android