コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内分泌攪乱物質 ないぶんぴつかくらんぶっしつEndocrine Disruptors

2件 の用語解説(内分泌攪乱物質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内分泌攪乱物質
ないぶんぴつかくらんぶっしつ
Endocrine Disruptors

生物の内分泌系ホルモンと同様の微量で影響を及ぼし,生体に有害な作用を引き起こすとされる外因性の化学物質。環境ホルモンとも呼ばれる。 1950年代から欧米で注目されていた発生異常や生殖異常について,1996年,世界自然保護基金 WWFアメリカの科学顧問シーア・コルボーンらの著書『奪われし未来』で化学物質に起因する可能性が指摘され,世界の関心事となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone