コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナムニン省 ハナムニンHa Nam Ninh

1件 の用語解説(ハナムニン省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナムニン〔省〕
ハナムニン
Ha Nam Ninh

ベトナム北部の省。省都ナムディン。ホン川 (紅河) デルタの最南部を占め,南東はバクボ (トンキン) 湾に面する。同デルタに位置する他の省と同じく米作中心の農業地帯であるが,工業も発展しており,織物工業や,揚水ポンプ,精米機,農具などを製造する農業関連工業がナムディン,ニンビンなどに立地している。また省内には良質の石灰岩や粘土の産地があり,セメントや煉瓦などの建設資材の生産も盛ん。海岸は砂丘地帯で,海へ向っての進出が著しい。省内には面積2万 5000haに及ぶクックフオン原生林があり,国立公園に指定されている。面積 3522km2。人口約 280万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone