ハネオツパイ(読み)はねおつぱい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハネオツパイ
はねおつぱい
feather-tailed treeshrew
[学]Ptilocercus lowii

哺乳(ほにゅう)綱ツパイ目ツパイ科の動物。1属1種で、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、および付近の島嶼(とうしょ)に分布する。頭胴長約13センチメートル。体毛は灰色。尾は無毛で鱗(うろこ)状の模様があり、先端部だけ羽毛状の房毛が生え、長さ17センチメートル前後。ツパイ科中唯一の夜行性で、耳介が大きくよく動き、長いひげをもつなどの特徴で、ほかのツパイと区別できる。[上原重男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハネオツパイの言及

【ツパイ】より

… ツパイの仲間には5属17種が含まれる。おもなものとしては,コモンツパイTupaia glis(イラスト),グミーツパイDendrogale murina,フィリピンツパイUrogale everetti,エリオットツパイAnathana ellioti,ハネオツパイPtilocercus lowiiなどがある。頭胴長14~21cm,尾長13~20cm,体重120~190g。…

※「ハネオツパイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android