ハバスパイ族(読み)ハバスパイぞく(英語表記)Havaspai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハバスパイ族
ハバスパイぞく
Havaspai

北アメリカインディアンの一民族。言語はホカ=スー語族ユーマ語族に属する。グランドキャニオンの支谷カタラクト峡谷に住み,おもに灌漑農耕に従事していた。定住村落が十分に発達せず,政治組織も単純なことは他のユーマ族と共通する。至高の創造神を信仰し,詞曲を伴う儀式を発達させた。現在はアリゾナ州指定居留地に住む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android