コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハビエル・アギーレ はびえる・あぎーれ

2件 の用語解説(ハビエル・アギーレの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ハビエル・アギーレ

サッカー日本代表の監督。FIFAワールドカップブラジル大会まで指揮を取ったアルベルトザッケローニの後に就任した。1958年12月1日、メキシコ市生まれ。両親はスペインバスク地方出身でメキシコ移民。アギーレ自身はメキシコ国籍であるが、スペイン・バスク地方の人を意味する「El Vasco(エル・バスコ)」の愛称がある。
プロサッカー選手としての現役時代は、主にミットフィールダー(MF)としてメキシコのクラブアメリカやアメリカのロサンゼルス・アズティックス、スペインのCAオサスナで活躍。メキシコ代表としても国際Aマッチ通算59試合で14得点を挙げ、86年、自国開催ワールドカップでのベスト8入りに貢献した。
93年に現役を引退した後、指導者としての道に進み、メキシコ1部リーグの二つのクラブ監督を務めた。2001年には、その実績が評価されメキシコ代表監督に就任。02年ワールドカップ日韓大会で予選を突破し、本大会では16強進出を果たした。また、09年から再びメキシコ代表を率い、10年ワールドカップ南アフリカ大会でも16強入りした。
クラブ監督としてはスペインでも実績を挙げており、弱小クラブだったCAオサスナに05年スペイン国王杯準優勝、05~06年シーズンには1部リーグ4位の好成績を上げさせ、10~11年には下位リーグ降格の危機にあったレアル・サラゴサを残留させた。現有戦力を活用して成果を上げることを得意とする。13~14年シーズンは不振にあえいでいたRCDエスパニョールを指揮して13位で終了。1部残留を果たし、14年5月に退任していた。
ワールドカップ南アフリカ大会後にも日本から代表監督就任のオファーを受けていたが、当時は子どもがスペインの大学に通っていたことなど家庭の事情から断念。ブラジル大会後、日本からの再度のオファーを受け、スペインのクラブや他国の代表チームからの依頼もあったものの、「4年間、見てくれていた」と日本代表監督就任を決心した。今回の就任に当たり、家族と共に東京都内で新生活を始める。
日本サッカー協会は、アギーレ新監督が持つ戦術上の「引き出しの多さ」を評価。また選手の体格やプレースタイルが日本と似ているといわれるメキシコを指揮して、ワールドカップで2度、16強に導いた手腕と国際経験に期待がかけられている。
8月11日の来日記者会見では、「まず守備を固めたい」と、守備の安定を基礎にしながらも、「11人全員が守備も攻撃もこなせるチームを目指す、バランスが取れた選手。攻守両方をこなせる選手が必要だ」とバランスのとれたチームを目指すことを示した。また、競争力を重視し、将来性のある選手を競い合わせることによって代表チームの戦力アップを図る方針も明らかにした。
スペイン語だけでなく英語も堪能だが、「サッカーをする人間にとっては、ボールが共通語」と語る。試合中に相手選手を蹴って退場になったことがあるなど、熱血漢として知られる。
15年2月、日本代表監督としての契約が解除された。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ハビエル・アギーレ

元サッカー選手、サッカー指導者。1958年12月1日、メキシコ生まれ。身長173センチフルネームハビエル・アギーレ・オナインディア。両親がスペイン・バスク地方生まれのため、「エル・バスコ」(バスク人)との愛称で呼ばれる。74年、地元メキシコの「クラブ・アメリカ」でデビュー。80年、北米サッカーリーグの「ロサンゼルス・アズティックス」に移籍し30試合4得点の活躍をみせた。81年~84年「クラブ・アメリカ」に復帰し、リーグ優勝に貢献。以後「アトランテFC」(メキシコ)などを経て、93年「CDグアダラハラ」(メキシコ)在籍中に現役引退。メキシコ代表選手としても活躍し、通算59試合出場14得点と活躍した。95年「アトランテFC」の監督に就任。98年「CFパチューカ」(メキシコ)の監督となり、同クラブを初優勝に導いた。2001年、メキシコ代表監督に就任し、同年のコパ・アメリカで準優勝、02年のFIFAワールドカップでベスト16とチームを立てなおした。以降、「CAオサスナ」「アトレティコ・マドリード」(共にスペイン)の監督として実績を積み、09年、メキシコ代表監督に再就任。10年のFIFAワールドカップでベスト16となる。10年「レアル・サラゴサ」(スペイン)、12年「RCDエスパニョール」(スペイン)の監督に就任。14年5月に退団し、同年7月24日、日本代表の新監督に就任した。

(2014-7-28)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハビエル・アギーレの関連キーワードワールドカップ[サッカー]SAMURAI BLUEカーラ・キックサッカー日本代表チームチップスピレワールドカップウィリー佐々木則夫W杯サッカーAマッチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハビエル・アギーレの関連情報