コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハブ・アーキテクチャー はぶあーきてくちゃ

1件 の用語解説(ハブ・アーキテクチャーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハブ・アーキテクチャー

チップセットのノースサウス間は、もともとPCIバスで接続されていた。これは、サウスブリッジがそもそもPCIバスとISAバスをつなぐ“PCI-ISAブリッジ"であったためだ。しかし、Intelは8xxチップセットからPCIとの接続をサウスブリッジに移した。そして、両チップ間を独自の“ハブ・インターフェイス(クロック周波数は266MHz転送速度は266MB/秒)"で接続することにした。このしくみをハブ・アーキテクチャーと呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハブ・アーキテクチャーの関連キーワードサウスブリッジチップセットノースブリッジチップ積層集積サウスチップインチップショットアップセットセントリーノノーヒットノーラン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone