コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハプトグロビン Haptoglobin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハプトグロビン
Haptoglobin

血清蛋白の一種。 Hpと略記する。蛋白質構造上の違いにより,3種の多型性変異を示す。ヘモグロビンと結びつく能力をもち,古くなってこわれた赤血球から血清中に放出されるヘモグロビンを回収する機能を果すと考えられている。3種の出現頻度は人種,民族により異なる。遺伝型式がはっきりしているので,親子鑑定や卵性診断に使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ハプトグロビン

 血漿タンパク質の一つ.ヘモグロビンと強く結合する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ハプトグロビンの関連キーワード血液製剤血液型

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android