コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミテス ハミテス Hamites

2件 の用語解説(ハミテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハミテス
ハミテス
Hamites

軟体動物門頭足綱菊石 (アンモナイト) 亜綱に属する異常巻きのアンモナイト。白亜紀前期の終り近くに出現した。巻き方は,同一平面上で棒状の部分を3つ平行に並べ,中央部のものから外へ折返したような形に巻く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハミテス
はみてす
[学]Hamites

軟体動物門頭足綱のアンモノイド(アンモナイト)類の1属。中生代白亜紀前期に栄えた類で、分類上アンキロセラス亜目のハミテス科に属する。殻はごく初期を除き異常巻で、同一平面内で3回Uターンを繰り返すステッキ状の形態をもつ。螺環(らかん)(螺旋状に巻いた殻)の断面は丸く、表面に多数の肋(ろく)(線状の高まり)が発達する。その特異な殻形態から、ほかの異常巻類と同様に浅い海で底生生活をしていたと思われる。これと似た類として、白亜紀後期のポリプチコセラスPolyptychocerasがある。このように白亜紀の異常巻類には、系統上の位置が異なるのに互いに似た殻形態をもつ類が多く、生活様式の特殊化に関係した収斂(しゅうれん)現象と理解される。本属は世界的に分布し、標準化石として重要である。[棚部一成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハミテスの関連キーワードアンモナイト頭足類軟体動物マンモナイトエクリドール アンモナイトアンモナイトの森で軟体類伊豆アンモナイト博物館イカ(烏賊)ボルボルテラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone