コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリガネワラビ(針金蕨) ハリガネワラビThelypteris japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリガネワラビ(針金蕨)
ハリガネワラビ
Thelypteris japonica

オシダ科の夏緑性シダ植物。日本,朝鮮半島および中国大陸に分布する。山地林下に生える。根茎は短く匍匐し,先端に葉をやや込合ってつける。葉は 50~80cmになり,葉柄黒褐色ないし赤褐色でやや光沢があり,葉身は薄い革質で2回羽状深裂,最下羽片は基部のほうを向くことが多い。胞子嚢群は辺縁寄りにつく。胞子は両面体型。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハリガネワラビ(針金蕨)の関連キーワードオシダ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android