コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルキダ ハルキダChalkida/Χαλκίδα

1件 の用語解説(ハルキダの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハルキダ(Chalkida/Χαλκίδα)

ギリシャ、エーゲ海西部のエビア島の都市。古代名ハルキスまたはカルキス。同島中西部に位置し、行政・経済・産業の中心地。本土との間は最狭部が約40メートルの海峡で隔てられ、2本の橋が架かる。古代ギリシャ時代にはイオニア人による同島最大の都市国家が置かれた。旧市街にはベネチア共和国時代の城塞や教会などが残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハルキダの関連情報