コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハローワーク特区 はろーわーくとっく

知恵蔵miniの解説

ハローワーク特区

国の公共職業安定所「ハローワーク」と都道府県の就労支援を試験的に移管された自治体の通称。「地域主権改革」の一環で、2012年10月、 さいたま市、佐賀市で試験運用が始まった。国と県で別々に業務を行う二重行政を解消し、就職や生活面などの支援を一体的に進める試みで、窓口には、県とハローワークの職員が常駐し、利用者の同意を得た上で情報を共有する。これまで、国と県が別々に行っていた仕事の紹介や中高年向けの就職支援のカウンセリング、それに住宅相談などのサービスを1か所で受けることができる。政府は3年ほどかけて成果を検証し、ハローワークの運営を県に移管できるか、検討することしている。

(2012-10-30)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハローワーク特区

国の公共職業安定所(ハローワーク)と都道府県の就労支援を一本化する取り組み。昨年10月に埼玉県と佐賀県で認められた。国と協定を結び、都道府県がハローワークに直接指示できる。埼玉は国と共同でJR武蔵浦和駅前に「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」をオープン。国の職業紹介コーナーと、県の就職や生活の相談コーナーを設けている。

(2013-10-29 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android