コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同意 ドウイ

3件 の用語解説(同意の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どう‐い【同意】

[名](スル)
他人の意見などに対して、賛成すること。「同意を得る」「提案に同意する」
同じ意見。同じ考え。「同意の士を募る」
同じ意味。同義。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうい【同意】

( 名 ) スル
同じ意味。同義。 「 -の語」
相手と同じ意見・考え。また、同じ考えであることを意思表示すること。 「相手の考えに-する」
他の者の行為について賛成ないし是認の意思表示をすること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同意
どうい

他人の行為に対する認許ないし肯認の意思を示すことをいう。法律は、しばしば、行為者の単独の行為では完全な法律効果を生ぜしめず、それを補う他人の意思を要求する場合がある。これを同意といい、民法上に多い。たとえば、未成年者被保佐人被補助人のような制限行為能力者が財産的法律行為をする場合には、原則としてあるいは一定の範囲で、法定代理人未成年者の場合、民法5条1項)、保佐人(被保佐人の場合、同法13条1項)あるいは補助人(被補助人の場合、同法17条1項)の同意が必要であり、同意のない行為は取り消すことができる(同法5条2項・13条4項・17条4項)。また、未成年の子が婚姻をするには、父母の同意が必要とされる(同法737条1項)。そのほか、商法や民事訴訟法上、同意を必要とする場合が多数みられる。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同意の関連キーワード賛同異を挟む共感建言口供乃父聴納定見反対受売り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同意の関連情報