コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンタン(邯鄲)特別市 ハンタンHandan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンタン(邯鄲)〔特別市〕
ハンタン
Handan

中国華北地方,ホーペイ (河北) 省南部の鉱工業都市。4市区のほか同名の県とウーアン (武安) 市から成る。タイハン (太行) 山脈東麓にあり,ツーヤー (子牙) 河の上流フーヤン河にのぞむ。チンコワン (京広) 鉄道が通り,ホワペイ (華北) 平原からシャンシー (山西) 省に入る自動車交通の要地でもある。春秋時代には衛,戦国時代には趙の国都で,漢代には趙王が封じられた。現在の市街は五代に始るが,農産物の集散地にとどまっていた。 1957年南西郊に埋蔵量 300万tといわれるフォンフォン (峰峰) 炭鉱の開発が始り,鉱工業都市として発展。西方のウーアン市にはツーシャン (磁山) 鉄鉱山もある。大規模な鉄鋼工場や綿紡織染色コンビナートがあり,紡績機械,農機具,搾油などの工場も建設されている。南西部のポンチョン (彭城) は,古くから磁州窯の一中心地で,陶磁器工場や研究所があり,日用品,工芸品を製造している。チンコワン鉄道の支線がフォンフォンやポンチョンを結んでいる。唐代の『枕中記』 (邯鄲の夢) で名を知られる。北西郊に漢代の宮殿跡,南西郊に趙王の城址がある。人口 213万 4481,うち市区人口 115万 1670 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハンタン(邯鄲)特別市の関連キーワードホワペイ(華北)平原

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android