コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンチョウ(杭州)湾 ハンチョウわんHangzhou wan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンチョウ(杭州)湾
ハンチョウわん
Hangzhou wan

中国東部,チョーチヤン (浙江) 省北東部の湾入。湾奥にチエンタン (銭塘) 江の河口がある。湾口はワンパン (王盤) 洋と呼ばれ,前面にチョウシャン (舟山) 群島とションスー列島がある。湾の南北両岸には,チャプー (乍浦) などの漁港と,アントン (庵東) などの塩田がある。らっぱ状に開いているため,満潮時には 2mから 4mの高潮が湾奥へ押寄せ,最高は 8.9mを記録している。旧暦8月 18日前後に北岸のイエンコワン (塩官) 付近で最も高まるといわれ,見物客が集る。高潮による塩害を防ぐとともに,その運ぶ土砂の堆積を利用して陸地を造成するために,古くから堤防工事が繰返されてきた。現在では,陸地造成に力を入れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハンチョウ(杭州)湾の関連キーワードシャオシン(紹興)特別市ハンチョウ(杭州)特別市シー(西)湖

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android