コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンチョン(漢中)盆地 ハンチョンぼんちHanzhong pendi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンチョン(漢中)盆地
ハンチョンぼんち
Hanzhong pendi

ハンチョン平原,ナンチョン (南鄭) 盆地ともいう。中国中部,シェンシー (陝西) 省南部,チャン (長) 江の支流ハン (漢) 水上流沿いの盆地。北をチンリン (秦嶺) 山脈,南をターパーシャン (大巴山) 山脈にはさまれ,西はミエン (勉) 県から東はヤン (洋) 県まで延びる。東西 80km,南北 10~15km。標高 400m前後。古くから水田がよく開けて,省の穀倉の一つであり,灌漑用水路も整備されている。北方のウェイ (渭) 河平原,南方のスーチョワン (四川) 盆地とは,いずれも山脈でへだてられ,交通が不便であったが,ヤンアン (陽安) 鉄道が東西に縦貫するようになった。漢王朝の名は,劉邦漢中の王であったことにちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハンチョン(漢中)盆地の関連キーワードターパーシャン(大巴山)山脈シェンシー(陝西)省ホイ(徽)県ハン(漢)水

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android