秦嶺(読み)シンレイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐れい【秦嶺】

中国中央部、甘粛(かんしゅく)省・陝西(せんせい)省の南部に東西に連なる山脈。標高2000~3000メートルの山々で、最高峰は陝西省の太白山の3767メートル。狭義には、これから河南省の伏牛・桐柏山脈に至る、渭水(いすい)漢水との分水嶺をさす。華北華中を分ける自然の境界線をなす。チンリン
中国西安市の南東にある終南山の別称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

秦嶺【しんれい】

中国中部を東西方向に横断する山脈。渭水淮河漢水嘉陵江の分水嶺を形成し,地理的に中国を南北に分ける境界線となっている。広義の秦嶺は甘粛・青海両省から河南省中部にいたる一連の山系の総称で,狭義の秦嶺は陝西省内を走る山系を指す。主峰の太白山は標高3767m。南面の陝西省洋県の山中に世界唯一のトキの自然繁殖地があることで知られる。
→関連項目華山陝西[省]中華人民共和国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんれい【秦嶺 Qín lǐng】

中国,陝西省南部を東西によこぎる断層山脈。平均標高2000~3000m,最高峰の太白山(3767m)をはじめ,《詩経》にみえる終南山,玉泉山などの山峰がある。渭河と漢水の分水嶺をなし,北側は急峻な断層崖のため,古来,渭水盆地では〈南山〉と称し〈九州の名阻,天下の険峻〉とよんだ。宋・金が南北に対立した時代は国境線となった。東の淮河(わいが)とともに秦嶺―淮河線を形成,北方の暖温帯,コムギを中心とする畑作,南方の亜熱帯,イネ栽培をわける重要な境界である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんれい【秦嶺】

中国、秦嶺山脈東部の一峰、終南山の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の秦嶺の言及

【終南山】より

…中国,陝西省南部,秦嶺のうち西安南方の一帯をさす。また秦嶺全体をいう場合もある。…

※「秦嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秦嶺の関連情報