ハートリー(読み)はーとりー(英語表記)Leslie Poles Hartley

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハートリー(Leslie Poles Hartley)
はーとりー
Leslie Poles Hartley
(1895―1972)

イギリスの小説家。ノーサンプトンに生まれる。オックスフォード大学卒業。ヘンリー・ジェームズ風の処女作『シモネッタ・パーキンズ』(1925)、また、中産階級の兄妹の成長を描いて両大戦間のイギリスの社会生活を鮮やかに浮かび上がらせた三部作『小えびと磯(いそ)ぎんちゃく』(1944)、『第六天国』(1946)、『ユースタスとヒルダ』(1947)など、伝統的・技巧的な小説に秀でていた。しかし、1960年の『顔の正義』は、社会的関心の強い優れた逆ユートピア小説である。[鈴木建三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android