コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーバリウム herbarium

翻訳|herbarium

世界大百科事典 第2版の解説

ハーバリウム【herbarium】

植物の資料標本を収納し,それによって多様な植物の種について研究するところ。腊葉(さくよう)館ともいう。単に,標本が収蔵されている建物だけを指す場合もある。日本では,国立科学博物館植物部門,東京大学総合研究資料館植物部門,東京都立大学理学部牧野標本館,財団法人服部植物研究所などが独立したハーバリウムであり,そのほかに各地に建設されている博物館などにも規模は小さいがよく似た施設がつくられている。京都大学北海道大学東北大学広島大学などの植物分類学研究室には膨大な資料標本が所蔵されており,優れた研究業績が上げられているが,それ自体が独立した機関とはなっていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

知恵蔵miniの解説

ハーバリウム

ガラス瓶の中にプリザーブドフラワードライフラワーなどの乾燥処理をした植物を入れ、アルコール防腐剤などに浸して保存したもの。造花ではなく本物の花を利用して作る点が特徴で、日光を当てたり水をあげたりする必要がなく、長期間鑑賞できる。また場所を選ばずに飾れることから、インテリアギフトとして人気を集めている。

(2017-9-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内のハーバリウムの言及

【キュー植物園】より

…イギリスのロンドン西郊外にある植物園で,大英帝国が隆盛を極めていたころには,エジンバラ,ダブリンをはじめ,アジアでもカルカッタ,シンガポールなどにあった大英帝国傘下の植物園群の中枢となっていた。現在も,世界最大のハーバリウム(植物資料標本館)をもっており,植物分類学研究のセンターの一つである。1759年に王立植物園になったときには8万1000m2の規模であったが,18世紀末にバンクスJ.Banksが園長をしていた間に約10倍に拡張し,現在では120万m2を上回る広さを占めている。…

※「ハーバリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーバリウムの関連キーワードシンガポール植物園ニューヨーク植物園ボゴール植物園【さく】葉標本キュー植物園ガラス瓶